手帳選び

2018/03/10

今年も手帳コーナーが出現する時期になりましたね。

こんばんは。

 

手帳コーナー、面白いですよね。

色んな手帳を見るのが楽しくて、気が付くと1時間くらいあっという間に経ってて

毎回びっくりします。

 

毎年、一生懸命悩んで選ぶわりに使いこなせないまま終わるんですよね……。

手帳。

何ででしょうね。

 

そういうわけで、今年は使いこなせなかった理由とどういうタイプのものならいけそう

なのかを考えてみることに。

 

2015年版まで)ほぼ日手帳(Planner)

2016年版)ほぼ日手帳(ウィークリー)

 

ほぼ日手帳、大学時代に使ってその名残で会社勤めしてからも使ってました。

が、1つ問題点が。

 

1日1ページのところ、書く気力がない。

大学時代は時間だけはあまってたので、脚本の下書きとか観に行った芝居のセットの

簡単なイラストとか、暇な時間に考えてたあれやこれやを書きまくってたのですが、

就職してから忙殺される日々の中だと無理!! となり、ウィークリーに移行。

これが今年の手帳の話。

で、現在に至るんですが。悲しい結論が。

 

 

ウィークリー欄、使わなかったんですよね。

もはやマンスリーだけで良いのではないか みたいな。

向き不向きでいうと不向きだったんでしょうね…。悲しい。

 

というわけで今年はマンスリーで書きやすそうな手帳にターゲットを絞ってリサーチ。

トラベラーズノートのマンスリー書きやすそう! という結論が出たところで売り場へ。

(ネットでも買える時代ですが、実物を見ないと気が済まない性分なのです)

 

トラベラーズノートを確認して他の手帳もぱらぱら。

やっぱり手帳を見るのは楽しいですね!

使いこなせるかどうかは別として。

 

 

そういえば、手帳コーナーがこんなにも充実してるのってここ数年のことだと思うので

すが、どうなんでしょう。

「どうやったら時間を効率的に使えるか!」とか「○○の手帳術!」みたいな雑誌の

特集見るようになったの、大学生になったあたりからな気がします。

あと、「記録に残そう」みたいな風潮も強くなってきてる気がします。

ほぼ日手帳はそのはしりみたいなものなのかもしれないですね。

(あと、有名どころだとEDiTとかジブン手帳なんかも)

ネットとかSNSの普及で情報過多になりすぎて自分って何?という心理を多くの人が

抱くようになって、そこで無意識のうちにはけ口として挙げられたのが手帳なのでは?

なんてことを思ったりします。

書くという行為によって自分を確認してる みたいな。

 

 

話が脱線しました。

 

売り場で手帳を見ながら気付いたのですが、そういえばガントチャートタイプって

使ったことないな って。

マンスリーの部分は普通に決まってる予定を書き込んで、ガントチャートのところは

まだ確定していないけれども時間もしくはお金をとりたいなってことや、欲しいものや

したいことを書くっていう欲望リストみたいな感じにしたら面白いんじゃないかな と。

ガントチャートをマス目に見立てて使ったら良いのでは。

と思いながら、手を伸ばしたのがこちらの手帳。

 

Amazon CAPTCHA

 

紙と文字の色が見やすくてツボです。

あと、大きさと薄さもちょうど良い感じ。

ガントチャートの部分は使い方をもう少し手探りしていきたいな と思っています。

 

トラベラーズノートのマンスリーは結局買わずじまいでした。

残念。

また機会があったら使ってみたいなあ とは思ってます。